三留商店

九十二歳の女性が作る味マリエンホーフ社の「ワインジャム」

マリエンホーフ社の「ワインジャム」
ドイツのマリエンホーフ社から、宝石と呼ぶにふさわしい、まさに珠玉の味わいを持つワインジャムが届きました。

マリエンホーフ社は、ライン川の南部に位置するファルツ地方のフェニゲン村で、現在七代目が継承しているドイツでも由緒あるワイナリー。日照が年間およそ千八百七十時間におよぶという恵まれた気候風土のもと、手作業を重視して高品質のの葡萄を収穫し、妥協をいっさい許さずに、ワイン作りの伝統を守っています。
このワインジャムももちらん例外ではなく、間違いのない原材料のみを使って、手間をかけて手作りしています。その製法は、親から子は、子から孫へと、三代に渡って、家族のみの秘伝として丁寧に受け継がれてきました。当初は、葡萄の収穫時期にあわせて秋と冬にだけ作っていましたが、他の季節にもどうしても欲しいという人や、評判を聞いて興味を持つ人が増え、十五年前ほど前から一年を通じて生産するようになったそうです。
現在すべてのワインジャムを手掛けているのは、御齢九十二というヘディグ・ル・レティーフさん。
お孫さんにあたる八代目のレネーさんによると、彼女は歴代きっての素晴らしいワインジャムの造り手で、さまざまなワイナリーの仕事の中で、このジャム造りがもっとも大好きな仕事とおっしゃっているとか。

余談ながら、ワイン祭りのときに彼女の作るポテトサラダが絶品で、これを食べるために遠方からわざわざ足を運ぶ人もいるそうです。
それはさておき、このワインジャムには、マリエンホーフ社のワインのなかでも、とりわけ香り高くフルーティーなものを厳選し、白のワインジャムはリースリング種を、赤はドルンフェルダー種を使用しています。
その他の材料は、林檎から作られる天然ペクチンとビート(砂糖大根)のみ。あくまでも安全で自然なものしか使わないのは、マリエンホーフ社の心意気といえるでしょう。

白砂糖ではなくビートで甘味をつけてあるので、甘さはすっきりとして抵抗がありません。芳醇なワインの風味が味わいを豊かに引き立てて、絶妙なハーモニーを醸します。
カリッとトーストにしたパンに塗って愉しむのはもちろんのこと。コーヒーや紅茶に入れたり、そのままデザートとして食べても格別です。
また、鶏肉のソテーなど、肉料理のソースにするといった利用法も。カクテルの素材としてお使いになってもおもしろいでしょう

三留商店主人より

「四季の味」No.62/秋号 寄稿