三留商店

三留商店のこと

三留商店は、明治十五年(西暦1882年)
一代目 長兵衛が、鎌倉・坂ノ下の地に
飴屋として創業しました。
おかげさまで、現在も同じ場所で
地域の酒屋・食料品店として、
商いを続けております。

その1

先代 徳衛の頃。
ご縁で紀州の梅干しや熊本の赤酒を置くようになり、「食料品店」としての最初が始まります。
食道楽の徳衛は美味珍味を探して津々浦々を駆け巡り、各地の逸品を鎌倉の地へと持ち帰りました。
このことが、現代の当店にも受け継がれる「美味しいもの」探求の志、店の礎となります。

その2

鎌倉は一方を海に、三方を山に囲まれた細長い土地です。
温暖な気候と豊かな自然、風光にも恵まれて、首都に近い別荘地、保養所として発展しました。
三留商店では、そのような別荘で過ごされるお客様からのご依頼で、当時としては珍しい食品も積極的に取り寄せておりました。
お客様の審美眼と、店主の食に対する探求心。
店頭に並べる品々にますます磨きがかかりました。

その3

その後、作家 向田邦子氏をはじめとする、多くの食を愛してやまない方々からのご愛顧を頂戴するように。

食料品店として軌道に乗ってきますと、 徳衛に新たな想いが沸きおこります。
「三留商店でしか買えない商品を作りたい」

オリジナル商品の開発・販売です。
早速、「ピクルスビネガー」に着手。
紆余曲折の末、販売に漕ぎ着けました。

その4

「鎌倉洋食ソース」「薬膳ソース」へと続きますオリジナル商品は、現在も、当時と変わらぬラベルで店頭に並んでおります。
また、2020年令和の年には、薬膳ソースをかくし味に用いた「鎌倉薬膳カレー」が新たにラインナップに加わりました。
昨今では鎌倉のお土産としてもお使いいただいております。

“心にのこる いいものを”
美味探求の志を失わず、世界各地からの「美味しい食材」を厳選した品揃えで、皆様のご来店をお待ちしております。

その1

三留商店のある鎌倉・坂ノ下は、神奈川県鎌倉市の海側、ちょうど長谷と極楽寺の間にございます。
前面を由比ケ浜海岸の西端である坂ノ下海岸に面し、背面を御霊神社(権五郎神社)とその鎮守の山に護られた風光明媚な土地柄です。
町名は、「鎌倉七口の一つ極楽寺坂切通の下にある」が由来。戦国時代から呼称され、江戸時代の記録にその名が残っております。明治二十二年(1889年)より西鎌倉村に属し、明治二十七年に鎌倉町坂ノ下に。現在の町名「坂ノ下」となりましたのは、長谷の一部を含めての昭和四十七年(1972年)からになります。

その2

鎌倉には文士がたくさん居たと言いますが、坂ノ下界隈にも、萩原朔太郎、国木田独歩、日夏耿之介など錚々たる方々がお住まいになっておられました。

付近には、前出の坂ノ下海岸、御霊神社(権五郎神社)以外にも、昔は昼でも井戸の中に星が見えたという「星の井(星月夜の井)」、虚空蔵様をまつる「星井寺(虚空蔵堂)」などの名所旧跡がございます。

その3

また、有名なお祭りとして、御霊神社例祭の「面掛行列」が執り行われます。
二百年以上前から続くといわれるこのお祭りは、豊年、豊漁、子孫繁栄を神様に祈願する神事です。神奈川県の無形文化財にも指定されました。
九月十八日まだ暑さの残る時分、お囃子の後に白装束が、天狗の面をかぶった猿田彦や獅子頭をかつぐ人がならび、十人の、面をつけた男衆がそれに続きます。爺・鬼・異形・鼻長・烏天狗・翁・火吹男・福禄寿・おかめ・女の順です。お供に裃の役員と狩衣烏帽子の宮司・神官がつき、この美しい行列は160メートルも続いて、ゆるく町内を移動していきます。